武蔵医研の株式投資型クラウドファンディングの評価

武蔵医研株式会社
医療エンジェル税制適用確認企業
【第2回】呼吸同調器や流量調整器の小型軽量化に成功!国内約18万人の在宅酸素療法患者向けに製品を開発する企業が次に挑む病院向け酸素ボンベ管理ソリューション
プラットフォーム FUNDINNO
募集期間 2022/03/05(土) 10:00 ~ 2022/03/09(水)
エンジェル税制 優遇税制B

プロジェクトの基本情報

募集企業データ

会社名 武蔵医研株式会社
代表者名 代表取締役 徳山 哲
所在地 埼玉県川口市上青木西一丁目9番19号
設立日 2014年5月26日
資本金 24,250,000円
決算日 8月31日

募集情報

募集株式種類 普通株式
1個価格 1株あたり14,000円
募集コース
  • 98,000円(7株)
  • 196,000円(14株)
  • 294,000円(21株)
  • 392,000円(28株)
  • 490,000円(35株)
目標募集額
上限応募額
7,546,000円
30,086,000円
発行株式総数 70,000株
発行可能株式総数 15,650株

武蔵医研の詳しいプロジェクト内容や成長可能性資料は、FUNDINNOのプロジェクトページにてご確認ください。

プロジェクトの評価・ポイント

カブスルの評価

★☆☆:ふつう-
プロジェクトを投資歴17年の投資家が期待度により三段階で評価。事業内容や将来性、EXITへの期待など総合的に判断。
こちらのページの掲載内容は、勧誘を目的とするものではありません。あくまで個人的な評価の為、投資は自己責任でお願いします。
カブスル

呼吸同調器や流量調節器の小型化に成功し、約17万人の在宅酸素療法患者の外出を手軽に。

バイオベンチャーの開発案件は事業内容をなかなか理解されづらいですが、同社の内容は他と比較すると分かりやすいですよね。

今回は2回目の募集。
前回は2021年1月の募集で、投資家189人、調達金額は2,750万円を集める。(最低目標は1,000万円)

1株価格は、前回は10,000円だったのに対し今回は14,000円で、一年チョットで価格は1.4倍に。

2026年にバイアウトを予定し、売上高は約4.4億円を想定。(前回内容とほぼ変わらず)

発行者の前期決算期末(2021年8月31日)における売上は61,939千円で、営業損益は4,023千円となっています。

また、直近試算表(2021年12月31日)における売上は30,410千円で、営業損益が4,189千円となっています。

但し、発行者は前期決算期末(2021年8月31日)において、売上原価又は販管費として償却すべき開発費を、営業外費用として償却しています。
当該償却費が適切に処理されていた場合、前期末(2021年8月31日)の営業損益は345千円となります。

会計処理の間違いがあったようですが、黒字化達成も。

バイオベンチャーというより、医療機器販売といった印象。
IPOも含めたバイアウトもありそうです。

応援投資したくなるような事業内容。
あとは・・・手持ちの資金と相談です。

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO(ファンディーノ)

株式投資型クラウドファンディング(ECF)のプロジェクトでよく使われる用語。(用語集

  • ECFとは、株式投資型クラウドファンディングの略称。
  • 新株予約権とは、行使することで発行会社の株式が交付される権利のこと。
    株式との違いとして、株主総会への参加や配当を受け取る権利はありません
  • マイルストーンとは、EXITまでの道筋のこと。プロジェクトの進捗度合いを確認する重要なポイント。
  • サマリーとは、簡潔にまとめたもの。サマリーを見ればそのプロジェクトの大枠を理解することができます。
  • メンターとは、プロジェクトに対してサポートや助言をする人のこと。