インターメディア研究所の株式投資型クラウドファンディングの評価

株式会社インターメディア研究所
【特許技術で世界展開を目指す!】「次世代二次元コード」でアナログと融合するIoT、新たなDX時代の扉を開く! | CAMPFIRE Angels
プラットフォーム CAMPFIRE Angels
募集期間 2021/11/22(月) ~ 2021/12/06(月)

プロジェクトの基本情報

募集企業データ

会社名 株式会社インターメディア研究所
会社URL Webサイト
代表者名 吉田 健治(代表取締役)
所在地 東京都千代田区神田神保町1-44-2神田TNKビル3F
設立日 2016年2月2日
決算日 12月
事業内容 「次世代二次元コード」を活用したプロダクト開発・販売

募集情報

募集株式種類 普通株
1個価格 1株あたり10,000円
募集コース
  • 100,000円(10株)
  • 200,000円(20株)
  • 300,000円(30株)
  • 400,000円(40株)
  • 500,000円(50株)
目標募集額
上限応募額
10,000,000円
50,000,000円

インターメディア研究所の詳しいプロジェクト内容や成長可能性資料は、CAMPFIRE Angelsのプロジェクトページにてご確認ください。

プロジェクトの評価・ポイント

カブスルの評価

★★☆:ふつう+
プロジェクトを投資歴17年の投資家が期待度により三段階で評価。事業内容や将来性、EXITへの期待など総合的に判断。
こちらのページの掲載内容は、勧誘を目的とするものではありません。あくまで個人的な評価の為、投資は自己責任でお願いします。
カブスル

投資に悩む案件かと思います。

というのも、従来のQRコードの約10倍の情報量を格納した「ハイブリッドQRコード」は、面白い技術であるものの、どこまで普及させることができ、事業化できるかが見通せないため。(でも、これが株式投資クラファン)

CAMPFIRE Angelsに投資家登録を行うと各情報が見られるワケですが、上位株主には上場企業やNECネッツエスアイのCVCが見受けられます。

CVCファンドは、キャピタルゲインを目的としたべンチャーキャピタルと異なり、事業会社が本業との事業シナジーを目的にベンチャー企業へ出資するVCのこと。

成長戦略にIPOは名言されておりませんが、事業としての可能性はあり、個人的にはなんらかのEXITも期待できるのかなぁと思っております。
(うかつにIPOの時期を明言するよりは個人的に好印象)

また、代表の吉田氏は連続起業家。
デジタルハリウッド、IMJ(IPO)、デジタルスケープ(IPO)、ポリゴンマジック、ダイナモピクチャーズを創立しております。(カブスルはデジタルハリウッド札幌校に通っておりました)

2020年に1回目の募集を行い約4,000万円を調達。

今回は2回目の募集となりますが、1回目と同価格ということで、1回目に応募した投資家の一部からは不満がでています。
(通常、成長したら価格(価値)も上昇するため)

これに対する返答としては、コロナ禍の影響もあり予定が一年ずれてしまったためだそう。

個人的には面白い技術だなと思ったので、10株(10万円)を投資してみます。

株式投資型クラウドファンディング(ECF)のプロジェクトでよく使われる用語。(用語集

  • ECFとは、株式投資型クラウドファンディングの略称。
  • 新株予約権とは、行使することで発行会社の株式が交付される権利のこと。
    株式との違いとして、株主総会への参加や配当を受け取る権利はありません
  • マイルストーンとは、EXITまでの道筋のこと。プロジェクトの進捗度合いを確認する重要なポイント。
  • サマリーとは、簡潔にまとめたもの。サマリーを見ればそのプロジェクトの大枠を理解することができます。
  • メンターとは、プロジェクトに対してサポートや助言をする人のこと。