AIロボットコミュニケーションの株式投資型クラウドファンディングの評価

AIロボットコミュニケーション株式会社
システム開発新株予約権型
熟練エンジニアの技が光る。「使いやすさの知見」を活かしたコミュニケーションロボットが教育・介護・屋外清掃現場で活躍
プラットフォーム FUNDINNO
募集期間 2022/06/11(土) 10:00 ~ 2022/06/15(水)

プロジェクトの基本情報

募集企業データ

会社名 AIロボットコミュニケーション株式会社
代表者名 代表取締役 常田龍彦
所在地 東京都台東区浅草橋四丁目20番7号山畑ビル2F
設立日 2018年9月3日
資本金 20,200,000円
決算日 4月30日

募集情報

募集株式種類 新株予約権
1個価格 1株あたり10,000円
募集コース
  • 90,000円(9株)
  • 180,000円(18株)
  • 270,000円(27株)
  • 360,000円(36株)
  • 450,000円(45株)
目標募集額
上限応募額
10,080,000円
40,320,000円
発行株式総数 10,000株
発行可能株式総数 2,020株

AIロボットコミュニケーションの詳しいプロジェクト内容や成長可能性資料は、FUNDINNOのプロジェクトページにてご確認ください。

プロジェクトの評価・ポイント

かつさんどの評価

FIREを達成し不動産クラファンにも詳しい、かつさんどのコメントです。

★☆☆:ふつう-
こちらのページの掲載内容は、勧誘を目的とするものではありません。あくまで個人的な評価の為、投資は自己責任でお願いします。
かつさんど

AIロボットコミュニケーション株式会社は、高い実用性と取り入れやすさを兼ね備えたAIコミュニケーションロボットを普及させることで、人とロボットが共存した街づくりを目指すロボットベンチャーです。

主力製品である「Kebbi Air(ケビーエアー)」は図書館の司書不足を解消するセルフ貸出システムや、小学校のプログラミング教育、英語教育をサポートするなど様々なシーンで活用されています。

また、今後屋外用お掃除ロボット「Viggo(ヴィーゴ)」の販売を予定しており、大手住宅管理サポート企業と連携して今年初めから実証実験を開始しています。
今年1月の実証実験を経て、同社が管理するマンション共有部の清掃ロボットとして導入を見込んでいます。
さらに、マンション以外にも輸出入時に港を使用する自動車メーカーや野球スタジアム、ホテル、大学などからもすでに引き合いがあります。

マイルストーンはIPOでのEXITを想定。
KPIは2027年にロボット販売台数約1,800台を計画しています。

高齢化社会による労働力不足や、コロナ禍による無人化・非接触ニーズの高まりから、医療・福祉・教育・観光・小売・生産など、業界を問わずAIロボット活用による業務効率化・省人化・DX化推進への取り組みが加速しています。

日常生活でもロボットにとる接客を目にする機会が多くなってきました。 コミュニケーションロボット業界に参入している会社は、ソフトバンク、シャープ、ヤマハなど大手企業がライバルとなります。

主力商品の「Kebbi Air」は図書館や小学校など、公共性が高い施設への導入を目指しており、公の機関に導入が進めばマイルストーン通りの成長も見込めると思います。

同業他社が強力なので、簡単ではないと思いますが、進捗を見守っていきたいプロジェクトだと感じました。

評価は1つ星です。

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO(ファンディーノ)

株式投資型クラウドファンディング(ECF)のプロジェクトでよく使われる用語。(用語集

  • ECFとは、株式投資型クラウドファンディングの略称。
  • 新株予約権とは、行使することで発行会社の株式が交付される権利のこと。
    株式との違いとして、株主総会への参加や配当を受け取る権利はありません
  • マイルストーンとは、EXITまでの道筋のこと。プロジェクトの進捗度合いを確認する重要なポイント。
  • サマリーとは、簡潔にまとめたもの。サマリーを見ればそのプロジェクトの大枠を理解することができます。
  • メンターとは、プロジェクトに対してサポートや助言をする人のこと。