あめつちデザインの株式投資型クラウドファンディングの評価

あめつちデザイン株式会社
地方創生エンジェル税制適用確認企業
地域創生の最新ビジネスモデル。体験EC × DXサービス《cocodake(ココダケ)》で宿がご当地ショールームに変わる!
案件結果
成立
募集決定額 20,800,000円
応募投資家数 99人
プラットフォーム FUNDINNO
募集期間 2022/05/19(木) 19:30 ~ 2022/05/23(月)
エンジェル税制 優遇税制A

プロジェクトの募集内容

募集企業データ

会社名 あめつちデザイン株式会社
代表者名 代表取締役 霜竹弘一
所在地 東京都千代田区九段南一丁目5番6号
設立日 2019年7月26日
資本金 63,000,000円
決算日 6月30日

募集情報

募集株式種類 普通株式
1個価格 1株あたり1,000円
募集コース
  • 100,000円(100株)
  • 200,000円(200株)
  • 300,000円(300株)
  • 400,000円(400株)
  • 500,000円(500株)
目標募集額
上限応募額
18,000,000円
40,000,000円
発行株式総数 5,000,000株
発行可能株式総数 312,000株

あめつちデザインの詳しいプロジェクト内容や成長可能性資料は、FUNDINNOのプロジェクトページにてご確認ください。

株主優待を発行

「cocodake」導入施設での宿泊が優待価格に。

プロジェクトの評価・ポイント

かつさんどの評価

投資歴15年、FIREを達成した かつさんどのコメントです。

★☆☆:ふつう-
こちらのページの掲載内容は、勧誘を目的とするものではありません。あくまで個人的な評価の為、投資は自己責任でお願いします。
かつさんど

宿がご当地ショールームに変わる、地域創生の最新ビジネスモデル。
体験EC × DXサービス「cocodake(ココダケ)」のプロジェクトです。

あめつちデザインは人と環境を中心に据えた地域創生事業に取り組んでいます。

コロナ禍に直面し厳しい地域経済を、顧客体験デザインとデジタル技術を用いて地域宿泊施設の活性化実現を目指しています。

2021年にリリースした「cocodake(ココダケ)」は宿泊施設向けのデジタルサービスで、宿泊客が施設内で体験した衣食住すべての商品を購入できるEコマース機能と、紙で管理されていた館内・観光案内をデジタル化する機能を有し、最新の情報が客室に設置されたタブレットや宿泊客のスマートフォンに配信されるツーリズムコミュニケーションツールです。

これまで宿泊施設の従業員が対面で行なっていた接客業務や、紙で作成された案内資料の配布・更新作業が、非接触・ペーパーレスで対応できるようになっています。宿泊施設業務の効率化はもちろん、感染症対策としても活用できるデジタルサービスです。

マイルストーンは2028年にIPOを予定し、売上高約25億円を想定。
KPIは2028年までに導入客室数約25,000室以上を目指す計画です。

旅館やホテルのテレビで流れている、館内施設の紹介チャンネルの発展版と言ったところでしょうか。

従来の案内に加えて、館内で体験したモノ・コトをオンラインで購入できるEコマース機能を搭載しています。

Eコマースで販売する商品は施設内で実際に体験することができ、客室や館内の共有スペースが丸ごと商品のショールームになるというコンセプトです。

タブレットや宿泊客のスマートフォンで簡単に利用できペーパーレスに繋がりますが、問題はあります。

タブレットのみで注文を取っている飲食店でも、高齢者や慣れていない人は店員さんに直接注文を入れている光景を良く見ます。

利用者にはデジタル化が浸透していない点は課題で、さらに旅行に来てまでタブレットやスマホの中の世界で過ごしたいか?という疑問も残ります。

比較的利用者の平均年齢が高いと予測される地域の旅館で、「cocodake」を使用したEコマース実績が伸びるのかどうかを注目していきたいです。 評価は1つ星です。

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO(ファンディーノ)

みんなの評価・コメント・レビュー

プロジェクト評価のみ、コメント・レビューのみでも投稿できます。

※誹謗中傷や迷惑行為と判断した場合は削除対象、利用制限となります。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

まだ、プロジェクト評価はありません
★★★:参加したい
00%
★★☆:ふつう+
00%
★☆☆:ふつう-
00%

プロジェクト評価

コメント・レビュー
投稿する

まだ、あめつちデザイン株式会社のコメント・レビューはありません

株式投資型クラウドファンディング(ECF)のプロジェクトでよく使われる用語。(用語集

  • ECFとは、株式投資型クラウドファンディングの略称。
  • 新株予約権とは、行使することで発行会社の株式が交付される権利のこと。
    株式との違いとして、株主総会への参加や配当を受け取る権利はありません
  • マイルストーンとは、EXITまでの道筋のこと。プロジェクトの進捗度合いを確認する重要なポイント。
  • サマリーとは、簡潔にまとめたもの。サマリーを見ればそのプロジェクトの大枠を理解することができます。
  • メンターとは、プロジェクトに対してサポートや助言をする人のこと。